自分に合う成分を見つける|女性の体質はイソフラボンの摂取量によって大きく変化する

女性の体質はイソフラボンの摂取量によって大きく変化する

婦人

自分に合う成分を見つける

老人

共通点と相違点

スピルリナとミドリムシはどちらも藻類に属する微生物で、両方ともクロロフィル(葉緑素)をはじめビタミンやアミノ酸、ミネラルなどを豊富に含んでいます。厚い細胞壁を持つクロレラなどと比べると、スピルリナもミドリムシも消化吸収しやすいという特長を持っています。栄養素の消化率はクロレラの場合だと6割程度とされていますが、スピルリナとミドリムシではともに9割を超えています。ミドリムシは動物と植物の双方の性質を合わせ持つ生物で、その味は多少の苦みを帯びています。しかしスピルリナは水前寺海苔と同じ仲間なので、海苔に近い味わいがあります。ミドリムシには特有成分としてパラミロンが含まれていますが、スピルリナにはフィコシアニンという成分が含まれており、それぞれに生活習慣病の予防などに効果があるとして人気があります。

長所を比べて選ぶ

スピルリナもミドリムシもバランスのよい栄養成分を含んでおり、どちらを摂ってもビタミンやミネラルを効率よく摂取することができます。特にビタミンB群やベータカロテンなどは両者ともに豊富に含有しています。ただもちろん違いもあり、たとえばビタミンAやビタミンCという点ではミドリムシの方が優れています。しかしビタミンKや葉酸を摂りたい場合はスピルリナの方に軍配が上がります。クロレラやスピルリナ、ミドリムシは一見よく似ていて栄養効果にも共通点が多いため、多くの人が効果を混同しているのも無理のないことといえます。しかしこのようにそれぞれ違いもあるので、サプリメントを購入する場合は利用したい栄養成分についてまず確認してから選ぶようにするとよいでしょう。