健康や美容に良い成分|女性の体質はイソフラボンの摂取量によって大きく変化する

女性の体質はイソフラボンの摂取量によって大きく変化する

婦人

健康や美容に良い成分

家族

肥満防止で知られる成分

肥満防止に効果があると注目されている成分にサポニンがあります。サポニンにはアンチエイジング効果もありますが、摂り過ぎても良くありませんので、適正範囲をオーバーしないように利用することが大切です。最近ではサプリメント等で手軽に摂取できるようになりましたが、用法、用量を守らないと副作用の心配も出てきます。明確な摂取量の目安は定められていませんが、大豆等のタンパク源からサポニンを摂取する場合にはタンパク質の1日の摂取量である60から70gを目安にします。サポニンには溶血作用がありますが、大豆サポニンにはそのような毒性がありませんので安心です。また、サプリメントを正しく取り入れれば安全に摂取することができます。

食事からも対策を

肥満防止、アンチエイジング効果、血流改善、肝機能の向上、免疫力の向上等実に様々な効果が得られるサポニンですが、多くの食べ物にも含まれていますので比較的容易に摂取できる成分です。サプリメントでコンスタントに補いながら、食事面からも摂れるようにメニューを考えると更に効果的です。サポニンを豊富に含む食材でもっとも身近なのは大豆であり、高野豆腐やおから、豆乳、がんもどき、納豆等に含まれています。大豆そのものや加工品を上手く活用して日々のメニューに取り入れることが大切です。高麗ニンジンにもサポニンが豊富に含まれていますので効率的には良いのですが、価格がとても高くて続けるのが難しいと感じる人も多いようです。